トップページ>地域たすけあい事業

地域たすけあい事業

地域住民参加型の有償在宅福祉サービス

パンフレット(PDF形式)

 都市化や核家族化が進み、価値観が多様化した現在では、昔ながらの地域の支え合い機能が低下してきています。一方で、日常生活の困りごとを何とかしたいというニーズもあります。「地域たすけあい事業」は、地域にお住まいの方の協力を得ながら、「お互いさま」の気持ちで支え・助け合える風土づくりを進めるしくみです。ひとりの人をみんなが支えあう、思いやりとやさしさを持った地域づくりをめざします。

地域たすけあい事業とは

 お年寄りや障がい者、母子父子家庭等の方が日常生活で困った時に地域住民による有償たすけあい活動によって、その生活を支援します。身の回りの家事援助や外出のお手伝いを中心としたたすけあい制度です。

  • 利用会員 制度を利用したい方
    市内に居住する、おおむね65歳以上の方、及び障がい者など日常生活を営むのに困っている方
  • 協力会員 制度に協力してくださる方
    制度を利用したい方に対して、家事援助や、外出のお手伝いをしていただく有償ボランティアの方
  • 賛助会員 資金援助をしてくださる方
    直接の協力は出来ないけれども、この事業の主旨に賛同し、資金援助をしていただける方

地域住民による有償たすけあい活動とは?
  • 地域にお住まいの方同士による「お互いさま」の気持ちを大切にしたたすけあい活動です。住民自治協議会が運営の中心となり、地域からの会費を主な財源として、協力会員の自発的な活動によって支えられています。
  • 営利目的の事業ではありませんので、協力会員の報酬については必要経費や謝金に相当します。
  • 協力会員のスケジュールによっては、利用会員のご希望に添えない場合がありますので、事業の趣旨をご理解のうえあらかじめご了承ください。

地域たすけあい事業の内容

家事援助と福祉移送の2種類のたすけあい活動があります

家事援助・・・身の回りの家事に関するお手伝いをします

  • 食事づくり
  • 衣類の洗濯
  • 住居等の掃除
  • 生活必需品の買い物など

お困りのことや、ご希望などをお聞きしながら、具体的な援助内容や時間について決めます。また、必要に応じて他のサービスを紹介します。

利用上の注意点
●家事援助は、介護保険制度等で利用できる訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)とは異なり法律に基づくサービス(行政サービス)ではありません。
(1)介護福祉士等の資格を有している方がサービスを提供するものではありません。
(2)身体に係る介助行為(体に触れる行為)は一切行っておりません。


福祉移送・・・歩行困難な方の外出のお手伝いをします。

  • 医療機関、介護施設等への通院や入退院
  • 機能回復訓練(リハビリ)施設等への通所

福祉移送のご利用については条件があります。利用を希望される方の身体の状況についてお聞きしたうえで判断します。

利用上の注意点
●福祉移送(福祉自動車による送迎)は、専門業者が運行している福祉タクシーとは異なり、営利を目的としたものではありません。
(1)急なご利用、行き先の変更や途中下車(ご自宅〜目的地の間の下車)等はご遠慮いただいています。
(2)身体に係る介助(体に触れる行為)は一切行っていません。乗降時や通院時の受診時にお手伝い(介助)が必要な場合は、介助を行う方を別途手配してください。

利用料

  • 利用料は次のとおりとなっています。
    ●家事援助 500円
    ●福祉移送 600円
    ※いずれも1回または1時間以内(利用にあたっては事前に利用券を購入していただきます)
  • 利用料以外に交通費や材料費が生じた場合には利用される方の負担となります。
  • 利用時間
    ご利用いただける時間は原則として9時〜17時ですが、必要に応じて調整いたします。

協力会員募集!

気軽に出来る身近なたすけあいの活動です。笑顔あふれるまちづくりにあなたも参加しませんか?

  • 活動内容は?
    活動の内容は日常の家事援助、及び福祉自動車の運転です。
  • 活動時間は?
    あなたの可能な時間帯で調整します。
  • 資格は必要?
    【家事援助】熱意のある方であれば年齢や経験は問いません。
    【福祉移送】普通免許をお持ちの方(ただし、指定された運転者講習会を受講していただく必要があります)。また、初めて登録される場合は、原則75歳を限度としてご協力をお願いしています。(地区の事情により異なる場合があります)

保険の加入・・・協力会員が活動中にケガをしたり、利用会員にケガを負わせた場合に備えて賠償責任及び傷害保険に加入しています。

お申し込み・お問い合わせ先

 お申し込み、お問い合わせは各地区のコーディネーターまでお気軽にどうぞ。

地区名 電話番号 お問い合わせ窓口
中心5地区
(第1〜第5)
238-2820 権堂イーストプラザ内
芹田 226-6050 芹田支所内
古牧 244-5522 古牧支所内
三輪 232-2225 三輪支所内
吉田 217-2882 吉田支所内
東北(古里・柳原・長沼) 295-4944 東北老人福祉センター内
浅川 263-3365 浅川支所内
大豆島 221-3241 大豆島支所内
朝陽 241-3162 朝陽支所内
若槻 296-5933 支所併設・福祉コーナー
安茂里 224-2100 安茂里老人福祉センター内
小田切 229-1511 小田切支所内
芋井 262-1583 芋井支所内
篠ノ井 293-5507 篠ノ井ボランティアセンター内
松代 278-9580 松代ボランティアセンター内
若穂 282-4600 支所ボランティア室内
川中島 285-2712 川中島支所内
更北 213-6637 更北支所内
七二会 229-2701 七二会支所内
信更 299-2114 信更支所内
豊野 257-5525 豊野老人福祉センター内
戸隠 254-2490 戸隠支所内
鬼無里 256-3166 鬼無里支所内
信州新町 262-3211 信州新町福祉センター内
中条 267-1020 中条支所内

お問い合わせ先:地域福祉課
電話番号 026-227-3030 / ファクシミリ 026-223-7388
メールアドレス syakyo@csw-naganocity.or.jp

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader  PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTMプラグインが必要です。

長野市社会福祉協議会 お問合せ先:026-227-3030  syakyo@csw-naganocity.or.jp
Copyright:(C) 2008 Nagano City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.